the man who never know …

いきいきと生きると 粋に生きる

第99回全国高校野球選手権大会 6日目予想

今日も余裕があるので詳細に予想。

 

【第1試合】

大垣日大 - 天理

 

大垣日大

大会屈指のディフェンス力(自分的には3位)を誇る大垣日大が有利と予想。

不安要素と言えば、予選でのオフェンスがやや弱かったように、ハマらないときはとことんハマらないタイプのチームなのと、自分が思うディフェンス力上位の高校がことごとく失点を積み重ねていること(1位…神戸国際大付4失点 2位…興南9失点 4位…木更津総合…6失点)

一方天理はネームバリューの割に見るべきところが少ないか…3,4番が火を噴けば一気に勢いづく可能性もなくはないけど…うーん、何か小粒。

 

【第2試合】

三本松 - 下関国際

 

→三本松

地元伝統校の野球部 VS 脱走続出のスパルタ野球部 というわかりやすい構図がファン的にはたまらない組み合わせ。

この構図は数値にもしっかり現れていて、攻守においてそつなくまとまっている三本松が優勢と見る。

下関国際は、山口県大会で宇部商とやり合ったような泥仕合に持ち込みたいところ。

 

【第3試合】

明桜 - 二松学舎大付

 

二松学舎大付

早実日大三高、そしてそれらを撃破した菅生率いる西東京より実はレベル高いんじゃないの?っていう二松学舎大付

予選の勝ち上がり方がめちゃくちゃ良くて、当然数字も優秀。

隠れ上位候補として密かに期待を寄せています。

一方、現校名になってからは2度目の出場となる明桜高校ことノースアジア大学付属高校。

いや、絶対秋田経法大附の方がいいじゃん。

本来ならディフェンス力は相当いいチームなんだけど…主戦のケガがめちゃくちゃ大きいですね。

でもこれ、絶対投げさせちゃいけないし、美談にしてもいけないです。

その大きな穴をチーム全体でどこまでカバーできるか、見ものです。

 

 

【第4試合】

明豊 - 坂井

 

→明豊

実はこっそりオフェンス力1位評価なのがこの明豊。

正直、注目選手がいるかどうかも知らないけど、予選結果だけ見れば全体としてのオフェンスの厚みを感じるチームだなという印象。

さらに言えば、ディフェンスもかなりいい数値だし、この予選の圧倒的感は非常に魅力的です。

一方の坂井は対照的にディフェンスのチーム。こちらの数値も同じく優秀。ただし、オフェンス面は明豊の2枚も3枚も劣る印象。

この差で明豊が優位に試合を進めると予想。

 

 

【5日目までのレビュー】

◎×◎/×◎◎◎/×◎◎◎/×◎◎◎◎/◎×◎ 的中14  外れ5

鳴門渦潮は試合の立ち上がりが違えば結果も違ったような…まあそれも含めて野球なんだけど…今大会の改めての教訓、立ち上がりと投手交代直後の展開が試合を決める。

あと、ホームラン出すぎ。

 

彦根東6×-5波佐見 済美10-4東筑 藤枝東6-7×津田学園 作新学院1-4盛岡大附 松商学園12-3土浦日大 前橋育英12-5山梨学院 日大山形3-6明徳義塾 木更津総合5-6日本航空石川 開星0-9花咲徳栄 聖光学院6-0おかやま山陽 早稲田佐賀2-5聖心ウルスラ 広陵10-6中京 横浜4-6秀岳館 興南6-9智弁和歌山 大阪桐蔭8-1米子松蔭 滝川西3-15仙台育英 日本文理9-5鳴門渦潮 北海4-5神戸国際大付