the man who never know …

いきいきと生きると 粋に生きる

テトリスと自分の時間

自分の時間がない。

自分ひとりの時間がない。

 

仕事がある日は、家に帰って飯食って、風呂に入って子どもに絵本を読んで、気が付いたら一緒に寝て…

休みの日は、まがりなりにも家事を手伝って子どもと遊んで、気が付いたら日が暮れて…

 

そんな毎日。

だから、自分の時間がない。

 

と、思っていました。

今の今までは。

 

 

時間、作りなさいよ。

 

 

今の今ならそう思えます。

 

多分、自分と自分の時間の関係は、テトリスみたいなもんであって、

多分、自分の時間を作るには、落ち続けるブロック(=止むことのない課題)をひたすら効率良くクリアしていくしか道はないんだと思う。

 

言葉を換えれば、自分の時間が自然に生まれることを期待するのは、そもそもゲーム(=人生)上、成立しないことなんだと思う。

  

 まあね、いらないですよ。ブロック。

でもブロックを消すことって、実はそんなに難しいことではなくて。

ブロックはたった数パターンしかなくて。

とりあえず形を整えるだけならできないこともなくて。

 

 

縦棒こねー

 

 

だんだん、右も左も上も下もわかんなくなってきて。

気が付けば課題は何だかぐちゃぐちゃに山積みになっていて。

もう止めたくなって、止めざるを得なくなって。

 

 

最後まで、縦棒来なかったな…

 

 

そんなん言って終わりたくないわ。

 

 

でも、そんなん言って終わる人も山ほどいるからね。

 

 

だから俺は自分の時間を作る。

ブロックは絶対に消し続ける。

自分のゲームを終わらせないためにね!!

 

 

怒られる前にマグカップを片づけよーっと。

 

 

とりあえず、1列ぐらいはブロック消せたかな。

 

たぶん、自分の時間を作るってこういうこと。